高血圧の薬 治療

【高血圧を治す画期的な手術法】

 

日常的に血圧に不安を感じている人は、家のなかにいても、温度差がある空間への移動時が大きなストレスになることが少なくありません。

 

たとえば、寒い季節になると、お風呂やトイレで倒れる事故も増えてきますが、その原因として、高血圧が含まれることも多いだけに、当事者のストレスは計り知れません。
もし、運悪く倒れるようなことがあっても、お風呂やトイレで倒れることを避けたい想いは、誰でも同じですから。

 

そんななか、高血圧を治すために、交感神経の一部を切除する画期的な手術法があり、テレビでも紹介されて話題になっています。
この方法は、腎臓の近くにある血管にカテーテルを通して行う手術で、この手術を受けた人は、翌日には血圧が下がるという劇的な改善がみられました。

 

ただし、この手術は、まだ浸透していないため、治療費が自己負担になるなど、大きな課題もあります。
しかし、先進医療として確立されるようになると、高血圧に悩む人にとっては、治療の選択肢を増やせることにつながるなど、希望の光もみえてきます。

 

また、医療費の負担が大きな課題になっていますが、高血圧のように継続的な治療が必要な場合は、手術の導入により、薬物費用の負担減少にもつながることが期待されます。